遺言書を作成するタイミングはいつなのか。そもそも遺言書とは何を指すのかわからない人も多いのではないでしょうか。遺言書は、自分の死後に遺産をどのように処分するかを決めておく大切な文書です。しかし、いつ作成すべきなのか判断しにくい面もあります。

このコラムでは、遺言書の必要性と適切な作成タイミングを解説します。遺言書がない場合に発生しうる具体的なトラブルもご紹介します。さらに、遺言書の種類と作成プロセス、コストや手続き、支援サービス等についても詳しく解説していきます。

遺言書作成を検討している方も、関心のある方も、ぜひこの記事を参考に適切なタイミングでの遺言書作成を心がけてみてください。

1. 遺言書の作成とその重要性

1-1. 遺言書とは何か
遺言書とは、本人が死亡した後に遺産や財産をどのように処分するかを定めた法的文書です。遺言書には公正証書遺言や自筆証書遺言などの種類があります。遺言書を作成することで、遺産分割や相続税の軽減を図ることができます。できるだけ早い時期に遺言書の作成を始めることをおすすめします。相続税対策や財産管理の観点から判断能力が高いうちに、早めに遺言書を作成しておくことが大切だからです。

1-2. 遺言書の必要性と適切なタイミング
遺言書を作成する適切なタイミングは、健康なうちに判断力があり、余裕を持って作成できる代がおすすめです。遺言書がないと、想定外の事態が発生した場合、遺産分割でもめる可能性が高くなります。最近では40代、50代から遺言を作成している方も増えています。早めに遺言書作成を検討し、家族と相談しながら、公正証書遺言や秘密証書遺言の特徴を理解して選択することが大切です。

1-3. 遺言がない場合の具体的な問題
遺言がない場合、相続人が複数いると、遺産分割の際にトラブルが発生しやすくなります。例えば、兄弟姉妹間で遺産の分配を巡って争いが起きたり、遺産相続放棄をする相続人が出て、思わぬ人が相続人になったりする可能性があります。このような事態を避けるためにも、遺言書を作成しておくことが大切です。遺言書があれば、自分の意思を反映させ、遺産分割や相続人の指定をスムーズに行うことができます。

2. 遺言書の種類と作成プロセス

2-1. 遺言書の種類とその特性
遺言書には複数の種類がありますが、当社では、公正証書遺言をお勧めしております。公正証書遺言は公証人役場で作成するため手間と費用がかかりますが、法的に強制力が高く信頼性があります。一方、自筆証書遺言は手軽に作成できますが、法的根拠が弱く、紛失や改ざんのリスクが高いデメリットがあります。遺言の目的と財産状況に応じて、メリットデメリットを比較検討することが大切です。

2-2. 遺言書の作成プロセス
遺言書の作成プロセスは、まず遺言書の種類を選択します。公正証書遺言は公証人役場で作成する必要があります。自筆証書遺言は自宅で作成できます。次に遺言内容を考え、相続財産や遺贈先を決定します。遺言執行者を選任することも大切です。遺言書作成後は適切に保管し、家族に内容を伝えておくことが大切です。遺言書を作成する際は専門家に相談することをおすすめします。当社シルバーライフサポートひまわりも遺言を行なっております。

2-3. 公正証書遺言の要件と特性
公正証書遺言は、公証人役場で作成する遺言書です。公証人の面前で遺言者本人が署名・押印する必要があります。公正証書遺言は法的拘束力が強く、内容の変更も簡単です。一方で、手数料がかかるほか、病人が公証役場に出向けない場合は作成できません。遺言書作成のベストタイミングは、健康なうちに余裕をもって作成することです。

3. 遺言作成にかかる費用と手続き

3-1. 遺言作成に掛かる具体的な費用
遺言書作成にかかる費用は、遺言書の種類や作成方法によって異なります。公正証書遺言を作成する場合は、公証人に対する報酬や印紙代などが必要です。公正証書遺言の作成は10万円以上の費用が発生しますが、非常に大事なことなので、専門家に依頼した方が安心です。

3-2. 遺言作成後の続きの手続き
遺言書を作成した後は、遺言書の内容を家族や関係者に伝えておくことが大切です。遺言書をどこに保管しているかを知らせ、必要な時にすぐに手に入るようにしておきましょう。また、遺言執行者を決めた場合は、その旨を伝えておくことも重要です。遺言執行者は遺言者の意思を最大限尊重し、遺産分割や葬儀などを取り仕切ります。遺言書作成後は、定期的に内容を見直し、状況の変化に応じて改定することも大切なプロセスです。

– お問合せ&資料請求はこちら –
終活関係、見守り、付き添い、身元引受、身元保証、任意後見人の引受、死後事務、葬儀の代行、遺品整理などについてのご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
お電話でのお問合せはこちら

048-961-8337

9:00~17:00(土、日、祝祭日は休み)

メールでのお問合せ・資料請求はこちら