終活は重要なテーマですが、なかなか手をつけにくいものです。
そこで、「エンディングノート」というツールを活用することで、終活をスムーズに進める方法をご紹介します。  エンディングノートとは、自分の人生の締めくくり方を記録するためのノートのこと。医療や介護の意向をはじめ、葬儀の方法や遺品整理の希望など、老後や死後に関する自分の思いを綴る場所です。  しかし、なぜそこまでして自分の望みを記録しておく必要があるのでしょうか。そもそもエンディングノートって何?という疑問もあるかもしれません。  このコラムでは、エンディングノートの意義やメリットを丁寧に解説します。あわせて、実際にエンディングノートを作成するためのステップバイステップの方法やコツもご紹介します。  ぜひこの機会に、エンディングノートを使って自分らしい最期を迎えるための準備を始めてみてください。

1.エンディングノートとは

 1-1.エンディングノートの基本情報

エンディングノートは、自分の人生の総括として、遺言書に代わる大切な文書です。医療意思表示書と違い、財産分与の希望や葬儀の形式といった、死後に残された家族などに対する思いを記載できます。エンディングノートには、自分の人生の振り返りや思い出の記録、感謝の気持ちを伝えたい人へのメッセージなど、人生のエピローグを描くことができます。

1-2.なぜエンディングノートが重要なのか

エンディングノートは、自分の人生の総括として、遺言書に代わる大切な文書です。医療意思表示書と違い、財産分与の希望や葬儀の形式といった、死後に残された家族などに対する思いを記載できるメリットがあります。とくにおひとり様の場合、エンディングノートを作成しておくことで、身近な人への心理的・経済的負担を軽減できます。また、自分の人生の振り返りを記録することで、残された人へのメッセージとしても機能します。

 1-3.エンディングノートの利用者の声

エンディングノートを活用しているユーザーからは、

「自分の人生を振り返る良い機会になった」

「遺された家族への気持ちを伝えられてよかった」

といった声が聞かれます。特におひとり様にとっては、エンディングノートが唯一の遺言書となるケースが多いため、大切な思いを託す場所として活用されています。しかし、エンディングノートの作成には心理的なハードルも高く、一般社団法人シルバーライフサポートのような業者のサポートを受けることが望ましいでしょう。

 2.エンディングノートの書き方

2-1.ステップバイステップのガイド

終活の準備を始めるにあたり、エンディングノートの作成は重要なステップです。まずは、自分の価値観や人生の振り返りから始めましょう。次に、葬儀の方法や遺品整理の希望を記録します。さらに、遺言書作成の準備として、資産状況や債務の整理を行います。最後に、遺族へのメッセージを残すことで、身近な人への気遣いにもなります。こうした一連のステップを踏むことで、自分らしい最期を全うできるはずです。

 2-2.必ず含めるべき内容

終活の準備始めるにあたり、エンディングノートは欠かせません。自分の人生観や価値観、葬儀の希望を記録することで、遺族の負担を軽減できます。また、資産や債務の整理を行うことで、遺言書作成の下地をつくることができます。身近な人へのメッセージも残せば、気遣いにもなり得ます。こうした一連のステップを踏むことが、自分らしい最期を全うするための第一歩なのです。

2-3.エンディングノートを活性化させるヒント

エンディングノートを活用する際のポイントは、実際に役立つ内容を具体的に記載することです。例えば、葬儀の形式や遺品処分の希望、遺産分配の考え方を明記しましょう。また、遺族へのメッセージを残すことで、気持ちを伝えることができます。定期的に更新することで、常に最新の状況を反映できます。

 3.死後事務委任契約とは

 3-1.契約の必要性とメリット

死後事務委任契約は、自分の死後に遺された家族や友人に迷惑をかけないために大切な契約です。契約を結ぶことで、葬儀の手配や遺産整理など、多岐にわたる事務処理を専門家に任せることができます。特にひとり暮らしの高齢者にとっては、自分の死に際して遺族の精神的負担や手間を軽減する意味でもメリットが大きいでしょう。公共料金の精算といった事務処理を、信頼のおける業者に任せておくことをおすすめします。

 4.おひとりさまの終活の準備

 4-1.終活の始め方

終活を始めるにあたり、まずはエンディングノートの作成からスタートすることをおすすめします。エンディングノートには、遺品整理の希望や葬儀の形式、医療意向、財産情報など、死後に必要となる事項をできる限り具体的に記載します。作成したエンディングノートは大切な家族や信頼できる遺言執行者に手渡し、終活への理解と協力を求めましょう。

 4-2.身近な人への負担軽減術

身近な人への負担を軽減するためには、エンディングノートを活用し、葬儀や遺品整理の希望を事前に伝えておくことが重要です。例えば、自分の葬儀で流してほしい曲や、形見分けの品目、遺品の処分希望を記載しておけば、遺族の負担が大きく減ります。また、死後事務委任契約を結んでおくことで、遺族に代わって遺品整理や葬儀を代行してもらえるのもありがたい対策の一つです。

 4-3.後見人選定のアドバイス

後見人を選定する際は、信頼できる親族や知人を第一候補に考えるのが一般的ですが、判断能力が低下した場合に迷惑をかけるのは避けたいところ。そこでオススメなのが、 一般社団法人シルバーライフサポートひまわりのような専門の業者などに依頼する「成年後見人」です。成年後見人には法律の知識があり、手続き面からも安心です。費用負担も年金や預貯金から支払うことが可能です。

 5.エンディングノートを活用した医療・介護の準備

 5-1.医療・介護意向の記録方法

エンディングノートに医療や介護の意向を記録することで、判断能力が低下した場合でも本人の望む治療方針が実現できます。具体的には、延命治療の有無、人工呼吸器や胃ろうの使用可否などを事前に決めておきましょう。また、在宅医療や施設入所を希望する場合は、地域の医療機関や介護施設をリストアップしておくとスムーズです。家族への負担も軽減できるので、できるだけ早い段階から意向を記録しておきたいですね。

5-2.介護サービスの選択基準

介護サービスを選ぶ際は、自分のニーズに合ったサービスを提供してくれるかが大切です。具体的には、食事や入浴、掃除や買い物といった生活支援がしっかりできるか、医療ニーズに対応可能か、認知症へのケア体制が整っているかなど、自分に必要なケア内容をリストアップし、それに合致したサービスを選ぶことをおすすめします。料金だけで判断するのではなく、サービスの質や内容を比較検討し、自分らしい暮らしが続けられるかどうかを大切にしたいですね。

5-3.介護保険では対応できない支援サービス

一般社団法人シルバーライフサポートひまわりのような、介護保険では対応できない高齢者支援サービスを活用することで、低料金で安心な暮らしを実現できます。具体的には、見守りサービス、付き添いサービス(医療機関への付き添い、お墓参り、買い物)などです。自分に合ったサービスを見つけましょう。

 6.デジタル資産の管理と終活

 6-1.デジタル資産の種類と重要性

デジタル資産とは、SNSのアカウントやメールアドレス、クラウドストレージなどのデータを指します。これらは私たちの大切な思い出や財産が含まれている場合があります。しかし、死後に適切に管理されなければ、大切なデータが失われてしまうリスクがあります。エンディングノートにデジタル資産の種類と管理方法を記載しておくことで、遺族の方々へスムーズに引き継ぐことができます。

 6-2.デジタル資産の遺言作成

 デジタル資産の遺言作成は大切な遺産を守るために重要です。パスワードを遺族に伝えておけば、写真や動画など思い出のデータを確実に受け継ぐことができます。また、預貯金や仮想通貨などの財産データも適切に管理する必要があります。専門家に相談して、信頼できる遺言書を作成しましょう。

 6-3.デジタル遺産の整理と管理方法

デジタル遺産を整理することは、大切な思い出やデータを確実に遺族に引き継ぐために重要です。写真や動画といった思い出のデータをクラウドに保存している人は多いでしょう。こうしたデジタル遺産の管理方法として、エンディングノートにアカウントとパスワードを記載することをおすすめします。遺族が簡単にアクセスできるようにしておけば、大切な思い出を受け継ぐ一助となるはずです。 ただしセキュリティ面でのリスクがあるため、適切なアクセス制限を設定しておくことも忘れずに。

 7.終活におけるメンタルヘルス対策

 7-1.終活を通じたメンタルヘルスの重要性

終活を通じて、自分の人生を振り返り、これからの人生設計を考えることは、メンタルヘルスの維持・向上に大切だと言えます。過去の思い出に浸りながら、これからの老後生活をイメージすることで、前向きな気持ちになれるでしょう。また、大切な人と過ごした時間を想い浮かべることも、ストレス解消につながります。身近な人と終活の話をすることで、新たなコミュニケーションが生まれ、孤独感が和らぐことも期待できます。

 7-2.ストレス軽減のための方法

ストレスを軽減する方法として、趣味活動を楽しむことが大切です。音楽を聴いたり、ガーデニングをしたりすることで、リラックスできます。また、家族や友人とのコミュニケーションを大切にすることも効果的です。相談相手がいることで、孤独感が和らぎます。適度な運動もオススメです。ウォーキングをしたり、体操をしたりすることで、気分転換になります。

何から始めて良いのか分からない生前整理もエンディングノートを作成することで、スムーズにとまとめることができ、優先順も決めやすくなります。ご自身とご家族の為にまず、エンディングノートを作成してみてはいかがでしょうか。作成する際は、ご家族だけではなく、専門家に相談することで、より労力軽減につながります。

作成などでお困りになりましたら、
一般社団法人シルバーライフサポートひまわり
までお気軽にご相談ください。

 

 

– お問合せ&資料請求はこちら –
終活関係、見守り、付き添い、身元引受、身元保証、任意後見人の引受、死後事務、葬儀の代行、遺品整理などについてのご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
お電話でのお問合せはこちら

048-961-8337

9:00~17:00(土、日、祝祭日は休み)

メールでのお問合せ・資料請求はこちら